関東テニス協会 公式ホームページ
Kanto Tennis Association Official Site
ホーム 行事 ニュース ジュニア 実業団 指導員・審判員
選手登録
賛助会員 役員・会則  協会連絡先
     
  ジュニアプレーヤーズ登録  
  ジュニアプレーヤーズオンライン登録  
  新ジュニアランキング  
  トーナメント一覧  
  トーナメントガイド  
  主催ジュニア大会  
  自己負担による海外遠征申請方法  
  ペナルティ(罰則)規定  
  Jr.スコアボード  
  ジュニアハンドブック  
  ドロー発表場所一覧  
 

 

 
 ジュニアランキング

2017年2月末発表ランキングには下記大会の結果が反映されております。
(一部のG3大会を除き、毎月15日までに結果報告が届いたものを月末に反映いたします。) 


 ・U18栃木ウインタージュニア
 ・TTC18才以下ジュニア
 ・山梨県ニューイヤージュニア
 ・山梨北杜ジュニア冬
 ・東京都冬季ジュニア
 ・MUFGジュニア千葉県予選
 ・MUFGジュニア栃木県予選
 ・MUFGジュニア埼玉県予選
 ・MUFGジュニア山梨県予選
 ・MUFGジュニア群馬県予選
 ・MUFGジュニア東京予選
 ・千葉市原ジュニア新春
 ・MUFGジュニア神奈川県予選
 ・ヨネックスTTCウインター
 ・MUFGジュニア神奈川県予選
 

 

 コンピュータランキングについて

関東テニス協会にジュニア個人登録し、G(グレード)で示された印の大会に出場すると成績がポイント加算され、関東ジュニアコンピュータランキングにランキングされます。(ランキングシステムについてはジュニアプレイヤーのテニスハンドブックを参照して下さい。トーナメントの日程を要項でよく確認して申し込みましょう。
大会を棄権しなければならなくなったときは、必ず主催者に連絡をして下さい。


登録bフ確認

出場した大会のプログラムや発表されたランキングの登録aE氏名・所属等と手持ちの登録証の内容が違うときは、プログラムの場合は大会主催者に、ランキングは関東テニス協会に連絡して下さい。そのままにしておくとポイントが加算されなかったり、ランキングを見落とされたりすることがあります。



ランキング発表
毎月月末(予定)にホームページで関東ジュニアコンピュータランキングが発表になります。この発表されたランキングのポイント等について不明点や問合せがある場合は返信用封筒(宛先住所・氏名を記入して82円切手を貼ったもの)を同封の上、次の必要事項を書いて文書で関東テニス協会に連絡して下さい。
必要事項/1.ジュニア登録bニ氏名 2.所属 3.自宅住所・電話番号 4.疑問点等問合せ内容


ダブルエントリーについてはニュースをご覧ください。

トーナメント一覧画面に戦績が表示されていても、ダブルエントリーとなりポイントが付いていない選手は、ランキングポイントに加算されておりません。






■■ジュニア委員会より  ジュニアプレイヤーの皆さんへ

 
先日開催されましたジュニア大会のディレクター・レフェリー会議で、選手諸君のマナーの悪さが大きく指摘されました。この件は以前から問題にされてきましたが、最近特にひどくなったと言われています。我々は、一部の心無い選手のことと思いたいのですがそうでもないようです。
 大会主催者の方々にもご指導をお願いしておりますが、このことが大会の減少につながっては大変なことになります。選手の皆さん、マナー向上への一層の協力をお願いいたします。

 「お願いします。」に始まり、「ありがとうございました。」の握手で終わるテニスのゲームです。ゲーム中のルールも公平にプレーが出来るように作られています。お互いに持っている力を全力で出し合えるようにしましょう。そして、皆さんにお願いします。大会に出場する前にルールブック「コートの友」第一部「マナー」をよく読み、特に『(8)試合中は以下の通りです』を心に刻み込んでください。

 重ねてしるしますが、お互いに敬意を持って正々堂々と闘ってこそすばらしい試合といえますし、皆さんがどんどん成長していくことの基本といっても過言ではありません。

 
 
■■ジュニアプレイヤーの指導に関わる皆様方へのお願い---関東テニス協会ジュニア委員会■■
 
 日頃は当協会及びジュニア関連事業にご協力くださり誠にありがとうございます。今回は緊急に以下のお願いをしなければならず大変残念に思います。

 過日、開催いたしました公認ジュニア大会ディレクター・レフェリー会議の席上、「ジュニアプレイヤー及びそのその関係者のマナーの悪さが目に余る、協会として手を打つことはできないか」との意見が出されました。これまでもこのような声は耳に入っていたのですが、一部の心無い者のことと思い込んでいました。しかし、公式の席で多くの主催者側から指摘されますと、動かねばなりません。大会数の減少にもつながりかねない事態は避けなければなりません。

 勝利至上主義も大きな要件かもしれません。しかし、人格形成の上で重要な年齢期の選手たちに是非、敬意、公平、公正、節度、謙譲、等々の含みを持った「マナー」をご指導くださるようお願いいたします。(なお、ルールブック コートの友 第一部 マナー、第三部 トーナメント諸規程、諸規則等 7.チェアアンパイアのつかない試合規則等をご参照ください。)

 日常当然のようにご指導されている方々には迷惑なこととは存じますが、なお一層マナーの向上にご協力くださいますよう重ねてお願い申しあげます。

                                              ↑ページ先頭に戻る



[ ホームに戻る ]    
本サイトで使用しているテキスト、データ等の無断転載を禁じます。
Internet Explorer での閲覧を推奨いたします。